トラブルを未然に防ぐためにも弁護士に相談

遺言を作成する場合は、正確な日付を記載しなければなりません。しかし、1月吉日などのように、正確な日付が記載されておらず、その遺言が無効になる場合もあります。 また、残された遺言の字が読めないことでトラブルにつながる場合もあります。遺言の時が読めない時は、鑑定に出すことになります。そして、鑑定で字が解読できない時の遺言は無効となってしまいます。

遺言は書面で残すことが必要です。遺言を残す予定なら必ず紙で作成しましょう。例えば、ビデオのみの遺言は、法律上認められず、無効になってしまいます。 遺言を残す場合には、弁護士に相談しておくことがおすすめです。弁護士は法律の専門家として有効な遺言を作成するのを手伝ってもらえます。知らずに遺言をしたため、その後、遺言者がなくなってしまった後で、その遺言が無効なものだったとなるとトラブルにつながりますし、取り返しがつきません。

関連HP≪スター綜合法律事務所=遺書作成

遺言がない場合にもトラブルが発生する場合がありますが、遺言がある場合にもトラブルになる可能性もあるのです。少しでも無駄な争いをさせないためにも、遺言を残したい場合には、トラブルを未然防止するためにも法律の専門家である弁護士に相談することがおすすめです。

遺書を巡るトラブル

遺言は、自身の死後に効力を発生させる目的で,あらかじめ書き残しておく書面での意思表示です。お世話になった介護ヘルパーさんや近所の方に財産を渡したいということで、相続財産の一部である15分の1を渡すことを遺言に記載したとしましょう。
そうなると、その遺言が家族の遺産相続におけるトラブルに発展する場合もあります。相続財産の15分の1と記載された記載は、相続財産が現金だった場合には問題がないかもしれません。しかし、不動産なら不動産を15分の1に分けることはなかなかできませんのでトラブルになる原因となってしまう場合もあります。また、株などの場合も同様といえます。

遺言は残された家族に不満がでないようにするために、表記の仕方を工夫する必要があります。例えば、現金で~円という表現にしたり、車1台を渡すといった分かりやすい具体的な表現で記載することが大切です。 また、遺産分割の協議内容のうちで、遺言書に反する部分があれば、その部分に関する協議は無効となります。不動産を相続し、その不動産を売却後に遺言が出てきた場合は、トラブルになるといえます。 遺言には、遺言を残した人が予想しなかったトラブルの原因となる場合もありますので、遺言を作成する時には弁護士などに依頼して作成することがおすすめです。

遺書の書き方

遺書は所有する財産等をどのように相続人に相続させるかを書面に書き残しておくという、故人の意思を尊重する制度です。財産を処分するという自由権を死後に反映させたのが遺言といわれ、被相続人の最終意思を確保するという意味で古くからある制度です。 遺言の方式は厳格に法で定められており、それに従っていない遺言は無効とされます。日付は不可欠で、代表的な遺言の方式は公正証書遺言です。遺言は法定相続に優先します。そのため、遺言をどう書くかという点はたいへん重要なのです。

遺言の書き方があいまいで抽象的な場合には、残された相続人の間でトラブルになることもあります。例えば、不動産の場合、現金と違い分割することがとても難しい財産といえます。そのため、遺言状の記載はできるだけ具体的にわかりやすく行うことが大切です。 また、注意しておかなければならない最大の理由として協議が無効となる場合もあるからです。それは、遺産分割の協議内容において遺言書に反した際です。不動産を相続し、その不動産を売却後に遺言が出てきた場合は、トラブルになる可能性がとても高くなってしまいます。

そのため、遺言を作成する場合は、法律の専門家である弁護士に依頼して作成をサポートしてもらうことが重要です。遺言が無効になってしまった場合は、もう取り返しが効きません。きちんと相続人に伝わる有効な遺言を作成するためにも、トラブルを事前に防ぐという意味でも、法律の専門家である弁護士に相談しておくと安心です。