トラブルを未然に防ぐためにも弁護士に相談

遺言を作成する場合は、正確な日付を記載しなければなりません。しかし、1月吉日などのように、正確な日付が記載されておらず、その遺言が無効になる場合もあります。 また、残された遺言の字が読めないことでトラブルにつながる場合もあります。遺言の時が読めない時は、鑑定に出すことになります。そして、鑑定で字が解読できない時の遺言は無効となってしまいます。

遺言は書面で残すことが必要です。遺言を残す予定なら必ず紙で作成しましょう。例えば、ビデオのみの遺言は、法律上認められず、無効になってしまいます。 遺言を残す場合には、弁護士に相談しておくことがおすすめです。弁護士は法律の専門家として有効な遺言を作成するのを手伝ってもらえます。知らずに遺言をしたため、その後、遺言者がなくなってしまった後で、その遺言が無効なものだったとなるとトラブルにつながりますし、取り返しがつきません。

関連HP≪スター綜合法律事務所=遺書作成

遺言がない場合にもトラブルが発生する場合がありますが、遺言がある場合にもトラブルになる可能性もあるのです。少しでも無駄な争いをさせないためにも、遺言を残したい場合には、トラブルを未然防止するためにも法律の専門家である弁護士に相談することがおすすめです。